FRP防水工事

コマキ技建 >> FRP防水工事

FRP防水の魅力

優れた耐熱性・耐薬品性
FRP防水は防食性を兼ね備えた防水材です。耐薬品性に優れた樹脂を用いた素材を使用しているので、工場の床・プール・薬液タンクなどで保護材として利用されることもあります。
強靭で重歩行が可能
FRP防水は機械的強度に優れ、耐摩耗性にも優れています。
競技場スタンドや駐車場などでも使用されています。
複雑な形状の施工も可能
FRP防水は立面・天井面も均一な膜厚で施工可能です。また、ドーム形状や架台周りなどの形状にも施工が出来ます。

軽量
FRP防水は軽量(約2~3kg/m2)で躯体に負担をかけません。
補修メンテナンス性
部分補修が容易で、短時間での補修が可能です。

施工から完了までの流れ

flow-01

施工前の下準備が非常に重要です

まずはFRP防水施工をするための下準備をします。左の写真ではひび割れを防ぐために、壁際をテープで補強しています。
そして、FRP樹脂と施工面を接着するための接着剤(プライマー)を塗ります(右図)。
この下準備が非常に重要で、この作業に不備があると仕上がりに影響を及ぼします。


flow-01

強度を上げるために二度塗りします

接着剤を塗布した面にガラスマットを敷き、その上にFRP樹脂をムラなく塗ります(左図)。約1時間乾燥させ、その上からもう一度FRP樹脂を塗ります(右図)。一度目で防水層を成形し、二度塗りすることで強度が増します。


flow-01

これで雨漏りの心配はありません

さらに1時間乾燥させ、仕上げ塗料の吸着力を強くするために表面を研磨し平滑にします。最後にトップコートを塗り仕上げます(右図)。トップコートはFRP樹脂の保護も兼ねており、屋外に施工することもあるので紫外線劣化防止剤が入っています。また遮熱効果のあるものを使用すると、表面温度を10度近く下げることもできます。


お客様の声

有資格者が責任をもって施工を行います

■酸素欠乏、硫化水素危険作業主任者 ■有機溶剤作業責任者 ■FRP防水施工技能士 ■職長・安全衛生責任者教育終了
■足場の組み立て等作業主任者 ■危険物取扱者 乙種第4類 ■危険物取扱者 乙種第5類

不快な臭気がほとんどしない!ノンスチレンFRP防水

一般的なFRP防水工事では施工中にどうしても接着剤系の刺激臭が発生します。この臭いが苦手という人も多いのではないでしょうか。また小さい子供やお年寄り、病気の人などの周辺は、特に気を使わなければならない場所です。そのような場所には不快な臭気がしない、ノンスチレンFRP防水がオススメです。先述の保育園や学校、老人ホーム、病院をはじめ、飲食店でも施工が可能です

大切な我が家が発している危険信号。見逃していませんか?

現状、日常生活に支障がなくても、危険分子が潜んでいる可能性があります。病気と同じで早期発見が大切。下記項目を参考にして、お家をチェックしてみましょう!

コマキ技建では「FRP防水」をオススメします!

お問い合わせから 施工までの流れ

FRP防水の施工の際の流れをご紹介いたします。お問い合わせ前のご参考にしていただければ幸いです。

01. お問い合わせ
まずはお問い合わせ下さい。TEL・FAX・メールにて随時受け付けております。
TEL:052-751-7820
FAX:052-751-7840
02. 現場調査
お問い合わせ時に日程を決め、現場までお伺いさせていただきます。防水加工を施す箇所・現在の状態などを確認させて頂きます。
この時点で料金は一切かかりません。
(雨漏り調査をご希望される際には有料になります)
03. お見積り
現場調査の2~3日後にお見積りをご提示させて頂きます。内容にご納得いただけましたらご契約となります。
お見積書の提示の際はTEL・FAX・メール・郵送からご連絡手段をお選び下さい。
04. ご契約
再度現場にお伺いし、契約書の確認をはじめ正式な工事開始日や工事期間の確認をいたします。

05. 施工
工事開始日に施工を始めます。工事中は近隣住民の方々のご迷惑にならないよう作業いたします。
06. 完了
施工が完了いたしましたら、現場のご確認をしていただき、お引渡しとなります。※期間は施工内容により異なります。
07. アフターフォロー
施工完了の2~3週間後に、再度現場にお伺いし、保証書と工事の工程写真をご提出いたします。また、お時間が取れない場合は、必要書類を郵送いたします。コマキ技建のFRP防水の施工には10年保証がついていますので、保証期間内で保証対象のトラブルについては、無償にて手直しいたします。また、1年点検、5年点検、保証期限前点検を行い、 FRP防水の保全、お客様へのご報告を行います。万が一トラブルがあった際には、随時ご連絡下さい。

反射断熱トップコート

NP-反射断熱ポリトップは従来品のポリエステル系トップコートとは異なり、遮熱顔料を用いる事等で優れた太陽光反射性能を有し、太陽光による防水層の温度上昇を抑えるよう設計されています。NP-反射断熱ポリトップをFRP防水のトップコートに使用することにより、FRP施工面のベランダ・工場・商業施設屋上等で、太陽光による室内温度上昇を抑え快適な環境を提供することが可能です。

特徴

1. 防水層が加熱されにくいので、夏場の冷房に必要な電気量を抑える事が出来ます。
2. 耐侯性や耐水性についても従来品のポリエステル系トップコートと同様の性能を有しています。
3. 防水層の温度上昇を抑える事が出来る為に防水が長持ちする傾向にあります。

従来品との比較 分光反射率

N-70 ライトグレー/N-55 グレー

遮熱性比較

東芝ライテック社製赤外線電球(100V 250WR)に85Vで30分間電圧をかけ、試料表面、試料裏面、ボックス内それぞれの温度履歴を測定

遮熱性測定結果

サンプル 温度 ℃(85V 30cm 30分後)
試料表面 試料裏面
N-70ライトグレー NP-ポリトップ 51.9 51.5
反射断熱ポリトップ 46.0 44.4
N-55グレー NP-ポリトップ 56.2 54.9
反射断熱ポリトップ 46.8 45.3

施工例

pagetop